2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ

facebook

  • facebook

« ピアノレッスンの空き時間のお知らせ(生徒さん募集中です) | トップページ | この頃、がんばっているHちゃん! »

大阪のたくさんの「舟」

415p1060766

shoe私は、娘が、高校入学時から大学生の実験・レポート、就職試験、国家試験の

  勉強と、忙しくなる時期まで、機会を見つけては、海外に出かけていました。

shoe知らない土地に行くので、ツアーに参加する場合がほとんどでしたが、

 それでもフリーの時間やホテルに着いてからは、着飾った観光地ではなく、

 そこに暮らす人々のありのままの姿を見て、何かを感じてほしい!と、

 街中に連れて出ました。

shoe怖い場面やこれが・・・と胸を痛める場面にも出くわしましたけど

 それでも、いろんなことを感じ、思い、考えたようです。

shoeまた外国を自分の目で見る!ことで、日本を思いお越し、それは自分についても

 考えることにもなったようです、私もですが・・・。

shoe娘の為にと始めたことですが、今思えば、娘がいたからこそ、貴重な体験が

  出来たことsign03

  娘には感謝しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Fa20080413

shoeさて、そんなおり、ふとしたきっかけから、 「大阪旅めがね」という大阪の街の

 「へえ~面白い!」というスポットを案内してくれるツアーがあることを知りました。

shoeまだ発足して間がなかったので、中之島を案内してくれるクルー1名に、客は私1名。

shoe2時間の中に、へえ~おもしろいhappy01こんなところがあったんだsign03という素敵なところや

 いきいきした生き方に共感できる人が、いっぱい詰まったツアーでした。

shoeそういえば、私、大阪市に住んでいる訳でないし、行くところは、ピンポイントと

 決まっているし、大阪の街って、全然興味なかったよなあ・・・。

shoe全然、大阪市のこと、知らないし・・・。

shoeそこで、ツアー時間「2時間」という短いツアーに乗っかって、

 この機会に、私の足元である大阪の街を知ろう~と思ったのが、

 今日まで続いているきっかけなのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

Ps1050424

shoe「大阪旅めがね」のクルー(案内して下さる人)は、別にちゃんとしたお仕事を

 お持ちで、ご自分の休日を利用して、自分が案内したい「面白い場所」や

 「お勧めのお店」や「そこで生活している素敵な人」のお話を聞きに

 案内して下さいます。

shoe参加する回数が多くなるに従って、クルーとも親しくなり、ツアー当日をむかえるまでの

 裏話など聞けたり、大阪市のことも分かってきて、ますます面白くなったこの頃です。

shoeまた人のつながりで、多くの業種の人と知り合い、私自身の幅が広がったなあ~と

 嬉しく、面白さも以前に増して、増えてきました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

S

shipさて、みなさんは、大阪市の川に、たくさんの種類の舟が往来し

 その舟に、街の人や観光客が乗っているのを見られたことはありますか?

ship舟に乗って川風を感じながら、川から対岸の風景を見るのって、最高なんですよ。

shipそんな舟を見るにつけ、「あの舟に乗るには、どうしたらいいのかしら?」と

 思っていらっしゃる方、多いと思います。

shipそれで、ここに載せることにしました。

<舟リスト>

 http://osaka-mizubebar2013.seesaa.net/article/374709388.html

       ↑

shipここをクリックして下さい。

ship私は、何種類かの舟に乗りましたが、屋根がない舟が、川風を感じられるので

 好きです。

shipところで、屋根があり、船全体が覆われている舟は、30年前の大阪の川は、

 とても臭かったそうで、その匂いを遮断する為に、覆われた舟が作られたそうです。

ship現在は、大阪の川、きれいになり、臭くなので、屋根無しの舟が往来している

 そうなんです。

shipクルーの話に、納得。

ship今月は、2度、大阪の川で舟に乗りましたが、それでも、また舟に乗って、舟からの

 景色や風を感じたいです。

ship大事なお友達や親戚やお客さんと共に、大阪を案内する時、

  「舟に乗ろう~」は、使えますよscissors

« ピアノレッスンの空き時間のお知らせ(生徒さん募集中です) | トップページ | この頃、がんばっているHちゃん! »

大阪たびめがね・大阪まち遊学・肌感」カテゴリの記事